栃木県小山市丹野歯科 3代目歯医者が往く!

栃木県小山市にて大正8年から開業している丹野歯科医院。3代目として受け継いだ若き歯科医師の日常を綴ります。訪れた人を幸せにできるような感動とやすらぎの歯科医院作りを目指して頑張りますので、温かく見守ってください!丹野歯科医院には、栃木県小山市、宇都宮市、下野市、佐野市、栃木市、足利市、真岡市、茨城県古河市、筑西市、結城市からも多数来院されています。

こんにちは、丹野歯科医院 丹野です。

皆さんは、震災の被害はどうでしたか?
当院は、地震で物が落ちて壊れたり、何日か停電、車生活をしたぐらいでほとんど被害はありませんでした。これも東北の人のことを考えたら、これくらいで済んで良かったと思うべきなのかもしれません。

それよりも今困っているのが計画停電です。
歯科医院という性質上、1週間前からの予約になるため、急に停電が決まってしまうと、スタッフ総出でのアポイント変更TELになってしまいます。

ほとんどの方は大丈夫なのですが、一部の患者さんからは、一度予約を取ったのにと、お叱りの言葉をいただくことがあり、悔しい思いをしております。

震災に直接被害を受けた方のことを考えるとこれくらいのことなのですが、計画停電にかなり振り回されています。日常生活での停電は良いのですが、仕事中だと全く仕事になりません。

患者様には、多大なるご不便をおかけしてしまいますが、当面の間は、夜間診療や休日診療を行い、穴埋めをしていこうと考えています。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

丹野です。

金曜日の診療中に、震度6の地震がありましたが、スタッフ、患者さん共々無事に避難することができました。

それから丸一日、停電に見舞われ、建物に入るのが怖かったため、車生活を余儀なくされました。

地震により、院内は物が散乱していましたが、どうにか診療機器は無事であったため、14日月曜日から診療を始めました。

スタッフによっては、未だ水も電気も通っていない場所もあり、車のガソリンも尽きてしまった子もいます。

診療はできる限り行いますが、物資や人材に限界がありますので、ご容赦ください。

それも東北地方の人の苦労に比べればたいしたことではありません。

この困難を力を合わせて乗り切っていければと思っています。


こんばんは。丹野です。

相変わらずブログはさぼり気味ですが、

今はFacebookにはまっています。

映画「ソーシャルネットワーク」の元ネタが
このfacebookで今急激に利用者が増えています。

よかったらどうぞ!
http://www.facebook.com/

9e2e8bfc




















遅ればせながら誕生日の写真です。よいスタッフに恵まれて幸せです。

もう何日経ったのでしょうか・・・。
1月26日で満38歳を迎えました。

若い、若いといわれてきましたが、もうアラフォーです。

スタッフから誕生プレゼントをもらいました。
幸せ者です。

写真は後程。

訳あって、まだここでは公表できないのですが、
インプラントの最新機器を導入しました。
正規販売では、当院が日本で1番の入荷だそうです。

さっそく明日インプラントのOPEがあるので、使ってみたいと思います。



DSCF7711



















↑右下のものがその機械です。
この最新機器の詳細はコチラ↓
http://hikarikinou.officialwebsite.jp/
↓当院も載っております。
http://hikarikinou.officialwebsite.jp/category/1425285.html

いや〜早いもので、もう2011年も大分経ちました。

今年のブログ更新も、さぼり気味です。

私はというと今年も忙しくしています。

1月の休みという休みは、すべて東京でセミナーや会議です。

特に、今日行ってきたインプラントの光機能化マテリアル研究会の内容は
素晴らしかったです。これでインプラント治療がより早くより正確にできるようになります。世界に先駆けて日本でまず導入される技術なのですが、
早速導入してみたいと思います。


妻から三行半を突きつけられるのも、もうすぐかもしれません。

なかなか更新されないブログですが、今年もよろしくお願いします。

スカイツリー




















会議室の窓から撮ったスカイツリーです。
 完成まであと少しですね。

29日に忘年会があり、今年の丹野歯科も終了となりました。

今年も色々ありましたが、大きな事故もなく終えられたことは、
ひとえに皆様方のご協力の賜物と深く感謝いたします。

来年も、変わらない笑顔で皆様をお出迎えできることを願っています。

皆さま、良いお年を!来年もよろしくお願いします。

619



















こんにちは。今、中国は福建省にあるアモイという市に来ています。
アモイは中国の5大経済特区のうちの一つで、人口は250万人います。

今回は、ICOI国際インプラント学会が、アモイ市で開催され、そこでの学術発表のためにやってきました。

227

















↑さすが大陸です。日本には存在しないくらい巨大な建造物。
 ここが会場です。

237

















↑ICOIの看板の前で

350

















↑海外の大きな学会での発表なので、緊張しましたが、どうにか無事
 行うことができました。これからも、どんどん海外で発表していける
 よう頑張ります。


2629
















↑最後にICOI国際インプラント学会のasistant directorの任命式が
 ありました。これからもICOI国際インプラント学会の発展のために
 尽力いたします会長Dr.paltiとともに。

歯科医師のための総合学術誌クインテッセンスに論文が掲載されました!

クインテッセンスは、世界20ヵ国以上で刊行されている歯科学術誌で、
いつか論文を掲載されたいと思っていましたが、どうにか11月号に
論文が掲載される運びとなりました。

これを励みにして、また論文を掲載できるよう頑張っていきたいと思います。

img681img682























img683

先週の木曜から日曜までの4日間大阪にて、UCLAマスタープログラムに参加してきました。

UCLAとは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の略です。

今回は、UCLA教授のサーシャ・ジョバノビッチがメインスピーカーとなった講義が行われました。朝9時から夜6時までの密度の濃い4日間でした。

このコースは、東京と大阪で計3回12日間、最後の4回目はカリフォルニアで行われます。各セッションの間には、英語での基礎テストと症例発表のテストがありとても充実した内容となっています。

このコースは、同様の内容のコースが世界各国で行われており、日本でのコースは今回が初めてです。ipodやパソコンを使っての海外とのやりとりもできる画期的なコースで、日本にいながら、世界標準のインプラント治療を学ぶことができます。

966















Prof.サーシャは超イケメンです。私と比べないで


少人数制なので、教授との質疑応答なども活発に行われ、とても素晴らしいコースです。これを見た歯科医師の方は是非参加してみてください。
2回目(来年3月)からでもOKかもしれません。


今日はICOI(世界インプラント学会:世界最大のインプラント学会)主催のサイナスリフトの講演会へ東京にある昭和大学へ行ってきました。

今回の講義は、
世界のサイナスリフトの第一人者、Dr.Stephan wallaceです。

このサイナスリフトというインプラントの手術は、私の得意とするところではありますが、世界の第一人者がニューヨークから来日ということで
受講することとなりました。wallace先生の講義を受けるのは、2年前にニューヨーク大学以来で、どんな新しいトピックスが聞けるか楽しみにしていました。


12














54
















↑午前中は講義、午後からは実習が行われ、解剖学的なチェックポイントまで詳細に指導してくださりました。今まで疑問に思っていたことも、明確に改善され、明日からの診療に大きく役立つ講演となりました。

先週は、インプラントのOpeが7例あり、そのうちの1つがAll-on-4、2つがサイナスリフトと大忙しでした。体力向上のため、何か運動をしなければと思う今日この頃です。




1ヵ月以上更新をサボってました。すいません
私の動向は、私のブログより先に妻のブログに書いてあります。

ドイツでは無事、国際インプラント学会の専門医を所得することが
できました。2年間頑張った甲斐がありました。

IMG_2720





















↑右から清水先生、吉見先生、私、森岡せんせい

IMG_2735



















フランクフルト、バーデンバーデン、ハンブルグと10日間もの長旅
でしたが、いつかまだドイツに訪れてみたいです。

次は、中国か、そのころには情勢は落ち着いているかなぁ…。

あと、今回の功績が認められて、国際インプラント学会のassistant
directorに選ばれました。

そういえば、学生の頃の目標に、世界を股にかける歯科医師になりたい。と書いたことがあったけど、少しは達成できたかなぁ・・・。

最終的には、世界から認められる歯科医師になるのが夢です。

こんにちは、丹野です。

ドイツから帰国してもう1週間経つのですが、ブログが途中なので
ちょっとづつ更新します。

飛行機は、成田からフランクフルトへ約12時間。ずっと寝てました。
フランクフルト空港は世界最大のハブ空港なので、何度も乗り換えで
降りたことはあったのですが、今回初めて空港の外にでました。
IMG_2777
















↑フランクフルトの街並みです。歴史のある建物の後ろに高層ビルが!


そこから、ICEという日本の新幹線のようなもので、1時間半バーデン
バーデンという温泉町に向かいます。バーデンとは温泉という意味らしく
温泉温泉という町だけあって、温泉は沢山あります。
IMG_2221















↑スイスのチューリッヒまで行くそうです。


バーデンバーデンに何しに行ったかというと、
国際インプラント学会の会長Ady=Palti先生のクリニックにおいて、最新インプラントの講義の受講と、国際インプラント学会指導医の症例発表試験を受けに来たのです。


IMG_2253
















↑Ady先生の別荘ではなく、クリニックです。


最新のインプラント治療器具は、まだ日本では買えないのですが、来年には使用できるようになっています。
IMG_2394

















バーデンバーデンには、いくつもの温泉があり、サウナはなんと混浴です。ただ、ドイツのサウナには、いろいろとお作法があり、あるサウナでは、タオルを足元までちゃんとひいていないと怒られたり、あるサウナではタオルの持ち込み禁止だったり、と色々と勉強になりました。
IMG_2554
















バーデンバーデンでは、混浴の他にも良いニュースがありました。
指導医の症例発表試験は2人の外人の先生のもとで行われたのですが、私の指導教官の先生が試験した先生方15人の中で、1番良かった発表に選ばれました。
そのご褒美として、今年の12月に中国で行われる国際インプラント学会にて、若手の日本代表として発表することが決まりました。すべて英語でやらなければならないので大変ですが、精一杯がんばります!

突然ですが、現在ドイツにいます。

 フランクフルト⇒バーデンバーデン⇒ハンブルグと ドイツ国内を移動しております。

目的は、ICOIという国際インプラント学会の指導医を所得するためです。

1年がかりのコースで、今回が最終でした。

 詳細は後ほど紹介します。 376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い子の皆は夏休みの宿題はもう終わったかな?

そういう私は、今夏休みの宿題に追われています・・・。
(小学校の時の卒業作文は、「夏休みの宿題をギリギリまでやらない私」
だったことを思い出します。

国際インプラント学会 指導医所得のためのケースレポート60症例分、
ドイツでの症例プレゼン資料作成、あとクイテッセンス掲載予定の原稿記事5000字(締め切り8月一杯)・・・。

本当に終わるのだろうか・・・。

お盆休みは、休日診療の登板と宿題ですべてが消えました。

また明日からの診療頑張ります!

ブログ更新サボっていました。

7月は、色々なことがありました。


一生懸命やることと、それに対する軋轢。


人の心は難しい・・・。



出る杭は打たれるのかなぁ・・・。


これを糧にして、これまで以上に、患者さんのため、スタッフのために、
家族のために頑張ります!

若手歯科医師の臨床の質を競うD1グランプリ決勝に参加してきました。

予選は、抄録と言って、発表内容を要約した内容で順位を競い、
決勝は各々10分間の症例発表を行い、それを5人の審査員(持ち点50点)、会場のみなさん(持ち点1点)の合計で、順位を競います。

表彰は、優勝と審査員特別賞の2賞が選ばれます。

ファイナリストは9人で、私は最終発表でした。



IMG_2121


























私の発表内容は、
「上顎臼歯部遊離端欠損に、インプラント治療を行い、臼歯部咬合支持を図った症例〜予知性のある上顎洞底挙上術の追及〜」でした。





DSC_0378























そして結果は、なんと審査員特別賞をいただくことができました!






DSC_0385






















優勝こそ逃しましたが、この賞をもらえて大満足です。

表彰式では、大阪大学歯学部の前田教授に「将来性を見込める。」
と言っていただいたのが、とても嬉しかったです。



この賞を糧に、より一層精進していきたいと思います。

応援してくれたスタッフ、妻、先生方には大変感謝しています。

ありがとう!




DSC_0392



















私の発表の内容は、歯科専門雑誌「Quintessence11月号」に掲載されます。

K1,M1は聞いたことがあると思うのですが、歯科の世界にはD1があります。

D1グランプリとは、卒後16年未満の歯科医師が治療の質を競う大会です。予選と決勝があり、私もどうにか決勝の9人に残ることができました。

決勝は、自分で行った治療の内容を口演し、審査員の先生と会場の人たちが採点して順位を競います。

↓D1グランプリ詳細はこちら
http://www.clubgp.jp/d1gp/

場所は大阪です。

ファイナリストになれただけで十分なのですが、決勝もできるだけ頑張ります!

金曜日からの診療がんばります!

金曜日からは丹野家の3男、暁先生が丹野歯科スタッフとして加わります。33歳、射手座、A型独身です。

皆さまよろしくお願いします。

IMG_0007-2





















久しぶりに集合写真を撮りました!

火曜日の夕方には、日本にいるはずでしたが、空港で足止めになってしまい、まだ帰国できていません!

ご迷惑をかけてしまった患者様、スタッフの皆、本当にすいません。

水曜日の夕方には帰国できると思います。

国際インプラント学会の指導医所得のため、現在とある国で研修しております。(本当に研修なの?と思われそうな国に来ているので、国名は控えます。

2年におよび、世界各国を周ってきた研修もあと1ヶ国で終わりになります。長かった研修の結果を日ごろの診療に反映できるようにがんばります!



IMG_2055




















世界的名医Henrry=salamaと

先日は八代さんの誕生日でした!

八代さんもとうとう2○歳になりました。

幸せになってくれることを心より祈ります。

DSCF7642

先日は南ちゃんの誕生日でした!

6月は誕生日ラッシュ!

南ちゃんは、本名は関美南です。
なぜ南ちゃんと呼ばれるかというと、当院にはもうひとり関春美が
いたからです。

南ちゃんは、ほんわかしていますが、今年は大化けしてくれそうな
気がします。


DSCF6204

今日は事務の星さんの誕生日でした!

星さんは今年の4月から丹野歯科医院のマネージャーとして
働いています。

星さんが入社してから、医院の事務作業がおおいにはかどるので
大助かりです。

これからも末長くよろしくおねがいします。

DSCF6016